自動車学校の合宿免許に参加しよう❘ドライバーへの道

驚愕の激安料金

女性

合宿免許の教習料金は比較的安いと言われていますが、時期によっては激安料金で入校できることもあります。シングル部屋ではなく大部屋を選択したり、食事なしプランで自炊したりするとさらに出費を抑えられるでしょう。

もっと読む

閑散期に参加する

男性

合宿免許の教習料金が著しく格安になる、自動車学校の閑散期は狙い目です。参加する時期にこだわりがないなら財布に優しく車の運転免許を取得できます。さらに、早く申し込むことで早割も適用されます。

もっと読む

必要なものを揃える

自家用車

日本の法律では、満18歳になった者が車の運転免許を取得できるものだとしています。就職前に免許取得を目指したいという現役学生も多いので、学校と両立させながら通う教習生も少なくないでしょう。運転免許は就職を有利にさせる可能性もあるので、学生の長期連休があるときは教習生が最も増える時期だと言われています。自動車学校へ通う方法の一つには合宿免許への参加があります。合宿免許は、自動車学校の寮に宿泊しながら教習を受ける方法で、自宅から通うよりとても楽だと言われています。寮と自動車学校の距離は短く、短期集中して免許取得を目指せるので多くのメリットがもたらされるでしょう。

その合宿免許に参加する際には、自分の身分証明となる書類をいくつか揃えなくてはいけません。今運転免許を所有していない人の場合は、自分の本籍地が記載されている戸籍謄本の他に身分証明証をいくつか備えておきましょう。健康保険の被保険者証や住民基本台帳カードなどがそれにあたります。運転免許を所有している人の場合は、運転免許証一つで構いません。

合宿免許は、地元以外の地域にあるところへ参加してもいいものです。中には、現地へ行くまでの交通費を提供する自動車学校もありますが、ほとんどが自費で現地へ行くことになるでしょう。教習料金や交通費、食費に加えて、滞在期間中のポケットマネーを余分に持っておくことです。卒業するまでにはいくつかの試験を受けるので、筆記用具も欠かせません。勉強に必要となるものも全て持って行きましょう。

各地の学校を比較

カギ

免許合宿に参加する際には、最初から自分が気になる地域に絞り込み、その中でおすすめとされているところを選ぶのもいいでしょう。ネットや免許合宿情報がつまった資料をチェックするなどして、それぞれの特色などを比較してみましょう。

もっと読む